異・雨月

私は必ず戻ります。喩え魂魄になろうとも――これぞ、新約「雨月物語」

筑前筑後

歴史・時代 完結 過激表現
2時間47分 (100,063文字)

13 129

あらすじ

幕末。泰平の世を築いた江戸幕府の屋台骨が揺らぎだした頃、怡土藩中老の三男として生まれた谷原睦之介は、誰にも言えぬ恋に身を焦がしながら鬱屈した日々を過ごしていた。未来のない恋。先の見えた将来。何も変わら

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る