きっと君は気づかない

温かい、お湯と湯気に隠すから

栗花落

7分 (3,949文字)

12 156

あらすじ

好い時に、桜が咲いてくれてよかった。

感想・レビュー 4

透明感溢れる文体。姉の想いが叶って欲しいような、でもその先は確かに見るのは怖いような、、、 この物語の閉じ方は香水のような残り香を感じさせます。お風呂場の、ぽちゃんとお湯の滴れる音が耳元で今聞こえる
1件2件
 どもども。星埜銀杏です。  『きっと君は気づかない』を拝読致しました。姉と弟という微妙な関係を繊細な筆致で書き切ったとっても素晴らしい作品だと思いました。この作品が妄コンで優秀賞を獲ったのはとても
ネタバレあり
16件
何気ない「音」に注目して始まる本作は、描写で魅せる、読ませる作品ですね.:*・゜ 温かい家族の絆を描ききる技量に感嘆しきりでございます。 このたびはおめでとうございました!
ネタバレあり
1件
もっと見る