絃詩二重奏

私は絃であり詩でもある。一人で奏でる二重奏は切なくて苦しい。

小鳥遊絢香

13分 (7,782文字)
お読みいただき、ありがとうございます!

48 314

あらすじ

【妄想コンテスト『優しい嘘/悲しい嘘』にて、優秀作品に選んでいただきました】 *** 私の双子の姉が、交通事故で亡くなって一年。 私は母を騙している。

感想・レビュー 5

彼女を取り巻く優しい嘘が、切なくも心強い。 大事な人の死は、人の心をこんなにも惑わせてしまうものなのかと、改めて思いました。 例え細胞を分かち合った双子でも、その人生はその人だけのもの。 これか
ネタバレあり
1件
遅ればせながらレビュー失礼します。 なるほど、そっちでしたか…… 前半、周囲のひとたちに嘘を突き通す主人公の健気さに胸を打たれつつも、突然出てきた事実に衝撃。でも、後半は周囲のひとたちの優しさに触
ネタバレあり
2件
まず、この素敵な タイトルに引かれました。 そして小説の世界に、ぐんぐん 引き込まれていきます。 家族や幼馴染の言葉が、 主人公の心に突きささっていて どんな展開になるんだろうと、途中ハラ
ネタバレあり
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る