開花の忘れもの

幕末から明治へ変わる激動の時代を生き抜いた柔術家の娘の物語です。

Maro

59分 (34,882文字)

55 6,893

あらすじ

千尋の母、佳代は病に臥している。ある日、見舞いに現れた鰻屋の主から意外な話を聞いた。鰻屋の主は元力士、まだ現役の頃、酔って喧嘩をし、止めに入った佳代に投げ飛ばされたと言う。時は維新の混乱が収まり始めた

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

わくわくして じんと沁みたい小説をお探しの方には この話をおすすめします

「あの人って、実はとんでもなくすごいんです」 こんな裏話を知る楽しさで初めは引きこまれ、やがては人と人のめぐりあいに心ゆらされ、その結末を知ったとき、じーんとしびれました。 次は、どんなエピソードが
1件4件
その女性は、風になびく草花のような人でした……。 千尋にとっては母の佳代は、自分の目に映るままの「普通のお母さん」だったのでしょう。 けれど死の床についている母・佳代の過去は、千尋の想像を超える激動の
ネタバレあり
4件