桜の季節に。

出逢ってから別れるまでの二人の軌跡。花が願った事は公太と生きる事。

六葉 雅

8時間21分 (300,396文字)
泣けるお話です。苦手な方はご遠慮ください。

821 3,363

あらすじ

普通の仕事人間の医者と教師。恋愛には臆病ながらも、ゆっくり愛情を育てていく。 最後に残った二人の「愛情」とは?

感想・レビュー 4

お話としては素晴らしいと思いますが私としては小説の世界位ハッピーエンドで終わって欲しく毎回読む前にタグの部分を必ずチェックしています。 特にヒーローやヒロインの死など最も避けたい話で恋人が病気で死んで
1件
今までたくさんの作品を 見させていただきました。 でも こんなに心に響き 涙を流すお話は初めてでした。 心の移り変わりやこの問題に向き合う心がほんの少しだけ 私の心を揺さぶりました。 初めてコメントで
3件1件
読みながらずっと泣いてしまいました。 優しくて真の強い花さんが大好きな人に最後にしてあげる贈り物が自分の心臓をあげることなんて刹那すぎます。 遺された人達の幸せを祈るばかりです。 こんなに辛いお話書か
2件3件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る