27歳にもなってフラフラしている 祓い屋さん達の4人の話です。

桐崎 浪漫

5時間3分 (181,517文字)
万象「7」です。祓い屋、悪魔、山神の 協力戦線。心臓のお話です。

709 8,216

あらすじ

4人の祓い屋さんと悪魔、山神で 湧き出した新勢力に挑みます。蟲と何か。そして心臓。 ハティ総指揮、ボティス尋問、シェムハザ輝きで お贈りします。最近食われ気味の祓い屋さん達。 頑張れ おまえら何をし

シリーズタグ

感想・レビュー 3

浅黄のお話、とても良かったです。 お気に入りのフレーズ『髑髏を載せて北斗を拝す』にもまた会えました。大好きな作家、西村寿行氏も作品中に使用したフレーズであり、桐崎さんの作品を読み進めるキーとなったもの
1件
初回から読み続けています。 どんどん複雑になりますが、そこがまた読みごたえがあって面白いです。
1件
どんどんさらに面白いです。作者さんは博学ですね!勉強になります。
1件

この作者の作品

もっと見る