嘆きの心臓

27歳の祓い屋さん達と ヤツらのお話です。

桐崎 浪漫

10時間13分 (367,352文字)
万象「17」 前作『神々の島』の続きです。

513 1.1万

あらすじ

結局 仕事だった濃厚夏休みを終え 沙耶さんの店で ひと息... の祓い屋さんたちと何かたち。 とは言え、問題は山積み。やっぱり仕事です。 「何故、罪の心臓を食べた?」 食べられたがった 心臓の章です。

シリーズタグ

感想・レビュー 1

残念です

ある時迄は本当に面白くて夢中で読んだけど段々意味不明になって来て、面倒臭いって言うか… 本筋が気になるから続けて読むけど…
1件2件

この作者の作品

もっと見る