四葉のクローバー

「四葉の花が見たい」クラスメートの女子に恋した高1男子が経験する夏のファンタジー

28 5,216

14分 (7,906文字)
短編よりの中編。一気に読める..というか読むことをお勧めします♪是非(^O^)/

あらすじ

高校へ進学して3か月。陸上部で長距離を走っている「僕」は、ランニングコースの公園で、偶然クラスメートの女子「松田詩織」と会う。彼女は、この公園にある「四葉のクローバーの花」が見たいのだと 僕に打ち明け

感想・レビュー 3

主人公の感情表現が上手です

感想失礼します。 公園での出会いから、だんだんと惹かれていく姿が丁寧だと感じました。 そして、夜二人で…年頃でも目の前の問題に向き合う姿は立派だと思いました。 14ページと少ないながらもこの表現は感情
四つ葉のクローバー伝説という謎がキーワードとして、僕こと川澄しんご君目線で語られるこれは高校生の淡い恋愛話。 男子諸君(勿論老いても昔男子だったものも)は感情移入して青春を思いだし 女子諸君は男子の気
松田詩織さん綺麗な名前です!(^^)

その他情報

公開日 2018/8/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る