沢泉管理官の快哉と渋難 矩形の迷路

切れ者管理官は、大学の恩師に頭が上がらない?

89 5,454

40分 (23,985文字)
新聞、TVなどで見かける「事件」から イマジネーションを広げて 書いている作品です。19/3/19 改題&改稿しました。

あらすじ

警視庁管理官の沢泉は、今日も 朝から 強盗殺人未遂事件の捜査本部に出向くための準備をしていた。そこへ、大学の恩師である神宮路から電話が入る。 既に確保済の「子供殺し」事件の被疑者を逮捕せずに 最優先で

シリーズタグ

感想・レビュー 3

一気読み!

文章表現力、展開構成力、そして全体の流れが淀みなく、全体的なクオリティが高い作品です!文章が非常にお上手です。 市販で売られている作品と見ても、なんら遜色なく、そのまま本にしてほしいくらいです。 書

教授の、言葉の重みを受けとめて、彼はこれからも事件に向き合っていく

沢泉にとって大学の恩師であり、犯罪学に精通する神宮路教授との一癖あるやりとりはコミカルさもありつつ、互いに信頼しあっているのが読み取れます。 主人公、沢泉が強盗殺人未遂事件について調べる入り出しでは、

分かったときの爽快感です

感想失礼します。 事件に大小も順位もない これを最初に言って、実際捜査していくなかでそれが実証されていきます。 刑事としての誇りを持っているところだと思い、その精神があったから真実にたどり着けたのだ

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る