アクト・ナチュラリー

ダメ男が人気芸人になった結果、訪れる悲喜劇を描きました。

荒深小五郎

1時間54分 (68,034文字)
気楽に読んでください。

12 288

あらすじ

人気お笑いグループ「アクト・ナチュラリー」に所属するカゲオは、ある日ふるさとに凱旋することになる。かつて逃げるように飛び出したふるさとでカゲオは手のひら返しの歓迎を受けるわけであるが… 某文学新人賞

シリーズタグ

感想・レビュー 3

ハッピーエンドでよかった

 いやー、それにしてもカゲオ君大変でしたね。芸能界の怖さを知りました。 いや、社会の目というものでしょうか。それでも落ち込んでいるときの仲間の優しさはカゲオ君の人間性あってのことだともいます。勧善懲悪
1件
素直に大好きな作品です。 もしよければ…続きが見たいと思いました。
2件
読後、ストレートに清々しかった! 初め「ページ数多いかな」と思いつつ、 途中からページをめくるのが止まらなくなりました。 我が人生を不幸だ暗黒だと思うことは多々有れど、 そもそも「不幸」「暗黒」なんて
1件

この作者の作品

もっと見る