このコンテストは受付を終了しました

未完結でも参加できる 執筆応援キャンペーン 「リベンジ/成り上がり」

大賞

10年間の人生をリプレイする壮大なリベンジです。17歳で殺された藤花が7歳まで戻ってやり直す。ヒロインはこれから起こる出来事を知っているうえに、少女の体に大人の頭脳が入っている状態。1周目の人生では悲しい別れをする人々とも、今は仲良く幸せなのが読み手の胸を温かくします。既知の人生ではない違和感をヒロインが感じて、予測不能の楽しさも感じます。人間関係がうまく配置され、ミステリー的な魅力も大きい作品です。

準大賞

その日暮らしを続ける利一。ひょんなことから大金を手にして、自分を変えます。それまでの人生に復讐するように、人の欲を利用して生きると決める。欲に駆られた人々をターゲットに荒稼ぎする姿は、反社会的ですが、痛快です。しかし、プラスがあれば、マイナスがある。主人公の人生にいくつもの起伏を用意して、読者を飽きさせません。まさに、禍福はあざなえる縄の如くを見せるストーリー。多くの“嘘”を堪能できました。

入賞

主人公の幸せな日常を破壊するミステリアスな美女。泥酔した彼が目覚めた朝、隣で寝ている恐怖が生々しいです。彼女の正体や目的が不明のまま、主人公の生活や心が侵食されていく描写が巧みです。相手のペースに引きずり込まれ、いつのまにか以前の自分を見失っていく。やがて、読者に明かされていく主人公の秘密が衝撃的です。終盤から一気にクライマックスへ疾風怒濤のペースで見せていく手腕は圧巻でした。
タイトルは登場するお笑いユニットの名前。芸人の周辺情報が圧巻のリアリティです。このグループのメンバー構成や、売れるまでの試行錯誤などディテールに迫真性があります。主人公はメンバーの1人、カゲオ。子供時代はマイナスに作用していた要素を、お笑いで逆転し、成り上がりに成功。ところが、幼なじみの登場により、日常が壊れ始めます。彼の半生が描きこまれているので、崩れていく恐怖感も共有できる作品でした。
まさにタイトルの通りの最悪の状況に置かれるハル。しかし、職業を与えられない無職かと思いきや、勇者に匹敵する“聖女”でした。コミカルでポップな語り口で進行しますが、ズシンと胸にくる人の心の闇が描かれています。相手より優位に立ちたいマウンティング。属性で人を見下す差別。そして、異端者をコミュニティから排除する同調圧力。過酷なまでの運命を背負うハルは健気で微笑ましく、エールを送りたいヒロインです。
豪華な特別列車をバイオテロリストがジャック。実在のウイルス性感染症、架空の国や、現実と少し違う日本社会など虚実入り混じった世界をクリエイト。この設定が有事に対処する日本の組織のリアリティを増しています。バイクや銃、煙草に至るまで実名で登場するのもハードボイルドの世界観にマッチング。ミッションに挑む各キャラのプロとしての言動が際立っています。ハラハラする緊張感が持続する良作でした。
“初投稿”とは思えないハイレベルな作品です。文章にエッジが効いています。台詞や比喩に“ありきたりな表現”が見当たりません。冒頭からフレッシュな印象が持続します。柴木、阿知波の主役2人のキャラがとても魅力的。彼らのゴキゲンなやりとりをずっと見ていたくなります。“バラシ屋”と名乗る謎の美女と出会い、物語は急転します。ひとつひとつの場面が丁寧に描かれ、愉しい時間が長く続く作品でした。

佳作

なぜタドコロは溺愛していた妻と娘を家から追い出したのか。パッと目を引くミステリアスな幕開けが見事です。また、ふつうのミステリーならラストのどんでん返しになるような大仕掛けを惜しげもなく前半で披露します。そこから先は、予測不能のトリッキーな展開の連続。目の前で起きているやりとりに何重ものトラップが仕掛けられています。登場人物の誰にも裏があるので、うかつに信じられない。高度な騙し合いを楽しめました。
アヴァンギャルドで、疾走感のあるストーリー。作者の独特の世界観に惹かれます。小気味よいテンポの文章が読みやすいです。追い詰められたユナは、ヌイグルミに自分の魂を憑依させます。追っ手から逃げるうち、同じ境遇の仲間と出会い、新たな人生を歩み始める。キャラや台詞がとてもファンキー。めまぐるしく移りゆく“カオス展開”が予測できません。オカルト、SF、ファンタジーの色んな要素をふんだんにまぶされた作品でした。
売れない役者が“オレオレ詐欺”のかけ子をしています。ターゲットである1人暮らしの高齢者の孫になりきる。特殊詐欺がバッティングするレアなシチュエーションですが、同じ名簿が出回っているという説得力がありました。2派の加害者がめまぐるしく展開するテンポがいいです。そして明かされる過去からのリベンジ。終盤は、どちらが本当に狂気に駆られた人間なのかわからなくなり、業の深さを見せてもらいました。
魔法体系や世界観の構築が見事です。魔法騎士をめざす3人の見習い魔導士の個性が際立っています。彼らが世界を脅かす「白い闇の眷属」と戦いを繰り広げていく。冒険、友情、謎などの魅力的な要素が詰まっていました。それらを端正な文章で、的確な描写をしています。バトル以外の表現も秀逸です。食卓にシズル感があったり、雪国では寒さが伝わってきたりと、文字を追う読者が五感で楽しめる筆力でした。
淀みなく話が流れる作品です。登場人物それぞれの視点で語られますが、AからBへ、BからCへ、というつなぎが滑らかです。深夜の高校に呼び出された3人の元生徒と、1人の教師。教室に向かう心情描写の時点で、彼らが顔を合わせたらどんな会話をするかに期待が膨らみます。卒業から15年経とうと、拭い去れない心の痛みが、読み手の心に突き刺さってきます。残酷な青春を清算するストーリーに感じました。
リベンジクライムからSFまで振り幅の広い作品です。主人公は脚本を盗用した相手を刺した逃走犯。その途中に、なんと人魚と遭遇します。小さな泉と、多数の攻撃的な人魚の図がフレッシュな印象でした。テレビや世間まで巻き込んで、波乱万丈な生き方をする主人公。復讐とはいえ暴力を用いた人間には、因果応報が待っています。スペクタクルな展開から、タイトル通りに収束していくシビアな流れです。
転校先で、初恋の相手と再会。主人公は1度は実らなかった恋をリベンジします。ほのかに懐かしいテイストの純愛ストーリー。世界観の構築のために「ワンサカ」「てんてこまい」などクラシックなワードのチョイスも絶妙です。また密やかに進むのではなく、周囲にオープンに進行していくスタイルも明るく爽やかでした。リベンジするつもりが、逆にされていたという展開も予想外です。そのための伏線をしっかり張っていて見事でした。
タイトルの「スィンセティック」とは生体合成兵器を指します。望まないのに改造されてしまった彼の“復讐ファースト”の生き方。劇中に何度も出てくる“スパーク”が象徴的です。主人公の心のスパーク、人とスィンセティックの間のスパーク、殺しに来た相手との交流のスパーク。明晰な文章で、状況やキャラの動きが精密に表現されていました。とくにバトルシーンは特殊能力や兵器の攻防がダイナミックで、躍動感たっぷりです。
長年一緒に研鑽を積んだパーティから突然、戦力外通告を突きつけられる。回復魔法が一切使えない白魔術師。彼を追放する3人には崇高な目的がありました。まさにタイトル通りの内容です。胸が詰まるやりとりを明確な文章で綴っています。表面的にはどうあれ、本当は優しい心根の美しい人間関係が描かれていました。今後、両者がどう再会するのか。アタッカーや火力不足のパーティがどう成長するのかなど読者の興味を惹きます。
主人公アヤトを気持ちのいいヒーローに描けています。仲間想いで、使命感が強いけれど、脱力する性格もある若者。古い世界のルールが通用しなくなった社会で活躍します。悪党狩りをする白いセーラー服の「仮面リベンジャー」。アヤトは彼女を追う特殊事件対策機関のエージェントです。コミックリリーフ的に挿入される台詞も絶妙。アニメ、特撮、映画など、作者さんの好きな要素を融合させて、痛快な作品に仕上がっています。
募集概要
良い作品を執筆したい!というあなたの気持ちをエブリスタが応援します! 「未完結でも参加できる 執筆応援キャンペーン」!! 【コンテストの特徴】 執筆意欲を応援するために、3つの特典をご用意しました! ・優秀15作品以上に、作品へのアドバイス ・大賞受賞者には、キングジム社の「pomera DM30」をプレゼント ・準大賞作品以上は完結後に、「完結作品特集」へ掲載 【こんな方にオススメ!】 書きかけの作品、眠っていませんか?  書きかけの作品も積極的に応援します!  眠っている作品、構想段階の作品でも、どしどしご応募ください! 昔書いた作品、アイディアはいいと思うんだけどなあ……  このコンテストに応募すれば、さらに良い作品にできるかも!?  ぜひ昔の作品にもう一度光を当ててみてください! どんな風に続きを書くか迷ったときは、こちらの記事を参考にしてみてください。 書きたい気持ちに火がつくメディア monokaki(創作ハウツー)
募集テーマ
第19回目のテーマは「リベンジ/成り上がり」です。
・魔術競技会で負けたライバルが魔物に攫われた。次回リベンジする為に、助けに行くぞ! ・大事に育てた花が踏み潰された。悲しんでいたら、なんと花の妖精が復讐を提案して…… ・貧乏を理由にフられ一念発起。起業して社長になった俺の前に、元カノが現れて?
など、「リベンジ/成り上がり」の要素を含む小説を募集します。 次から次へとページをめくってしまうような、続きが気になるお話をお待ちしております!
スケジュール
・募集期間: 2020年3月16日(月)12:00:00 ~ 2020年5月17日(日)27: 59: 59 ・最終結果発表: 2020年8月上旬頃予定
賞
大賞 1作品 ・賞金3万円 ・作品へのアドバイス ・キングジム社「pomera DM30」をプレゼント ・完結後に特集掲載※ 準大賞 1作品 ・賞金2万円 ・作品へのアドバイス ・完結後に特集掲載※ 入賞 5作品 ・賞金1万円 ・作品へのアドバイス 佳作 10作品以上 ・作品へのアドバイス
大賞の方にプレゼント!
※ 特集掲載は、受賞から半年以内に完結した作品を対象とさせていただきます(投稿時に完結している作品も含まれます)。完結後、受賞連絡時にお伝えする宛先へご連絡ください。ご連絡を頂けなかった場合は、特集掲載できない場合がございます。 ※大賞、準大賞、入賞または佳作(以下、「受賞」という。)の作品はエブリスタ公式SNS等で配信、紹介等される可能性があります。
応募要項
・文字数は20,000文字以上 ・20,000文字まで読んで選考、作品へのアドバイスをいたします。 ・連載中の作品も応募OK! ・すでに完結している作品 並びに エブリスタ内の公式コンテスト及び他サービス等の投稿コンテストで落選した作品を、募集内容に沿うように再構成してご応募いただくことも可能です。 ※非公開設定している作品は、選考対象外となります。
注意事項
選評の送付や書籍化の打診は、エブリスタに登録されたメールアドレス宛にご連絡いたします。迷惑メール防止の為にドメイン指定受信の設定をされている場合、メールが正しく届かないことがございますので、「@estar.jp」を受信できるよう設定して下さい。

コンテストの注意事項(必読)