墓守ユートピア

あなたのユートピアはどこにありますか

12 199

1時間8分 (40,770文字)
とりあえず、生きている物語を書きたいと思いました

あらすじ

 祖父から継がれたお仕事は、一銭にもならないボランティア。祥世の周囲で繰り広げられる日常は、祥世にとっての非日常だった。もうこの世のものではない友人だった幽霊、見違えるほど逞しくなった幼なじみ、少しで

目次 3エピソード

感想・レビュー 1

つい先日に墓地の草刈りを終えたばかりで、読んでいますと 刈り取った草から昇る湿気と臭い、休憩のあいまに麦茶を飲む味、嗅覚と味覚、視覚などの感覚が立ち昇り 自分がまさに主人公と梅ちゃんのすぐ横に立ってや

その他情報

公開日 2018/8/13

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る