テイト

テイトは本当の家族だった。彼にテロリストの魔の手が伸びる。

21 1,415

5分 (2,469文字)

あらすじ

うちで飼っていたポメラニアンのテイトという男の子の記録です。 書きながら涙が出てしまいました。 犬 だったけど、本当の息子だった。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目次 1エピソード

感想・レビュー 4

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

泣いた
もっと見る

その他情報

公開日 2018/8/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

訪問介護の日常

ノンフィクション 連載中 過激表現
11時間17分 (405,871文字)
もっと見る