春雨傘

降りゆく雨が、彼が刻み付けた記憶の痕跡をあとかたもなく消してしまう前に。

49 2,009

BL 完結 過激表現
6分 (3,345文字)
本作は、拙作「イラスト集」をもとに、あーるさんが紡いでくださった素敵な物語のかけらが原案になっています。

あらすじ

高校の卒業式当日は、さらさらと温かな雨が降る静かな一日だった。 そんななか、ある決意を胸に、那月(なつき)は同級生の閑(しずか)に会いに行く。 ずっと訊きたくて、けれど長いあいだ訊けなかったあの日のこ

目次 1エピソード

感想・レビュー 5

何度でも読みたい

遊木さま 本作「春雨傘」も楽しく読ませていただきました。ありがとうございました(^^) 雨の日って確かに鬱陶しいし、傘は荷物になるし、いろいろ面倒くさい。けど、あの色褪せた世界から何かが始まるかも…

雨の匂ひ

遊木作品の短編にはそこはかとない寂しさを感じます。 今作も最後はハッピーエンドを思わせるものとなっていますが、果たして明るい未来はあるのか? そういった懸念が浮かんでしまいます。 恐らくは遊木さ
物語の欠片が原案って、もうその言葉から、まるでストーリーが始まっています!雨は嫌いだったけど、こんなに美しくて、熱い雨では嫌いになれませーん!
もっと見る

その他情報

公開日 2018/10/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る