薄氷の標【白夏の檻・後日談】

──ねえ、先生。今、いったい何を考えてる?

83 1,026

BL 完結 過激表現
45分 (26,847文字)
8/16:1000☆ありがとうございます! 凛々しくも素敵な表紙はあーるさんがつくってくださいました!(´▽`*)

あらすじ

想いを交わしたあの夏の終わりから数か月後の冬、 進学はしないと決めた千景(ちかげ)の前にひとりの男が現れる。 その男・桐原(きりはら)は、ある思惑を胸に千景に接触するのと同時に、 担任である貫井(ぬく

シリーズタグ

感想・レビュー 2

繊細で美しい言葉で綴られる、迷いと戸惑いの禁断の恋物語

ネタバレを含みますので、本文はコメントに添付します↓

また読了してしまった…

シリーズ作品の二作目。 前作で禁断の関係に陥った教師と生徒の後日談です。 本能を抑え切れない『性徒』と常識に抗い切れない『先制』。 結論にたどり着くまでずっとモヤモヤしますwが、覚悟を決めた後の教

その他情報

公開日 2019/5/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る