特集

雨の匣庭

雨の向こう…逢えるだろうか。

浮月之伸

1時間54分 (68,344文字)
これは、『現代の御伽噺』。

87 1,427

あらすじ

雨に濡れる、紫陽花のみち。 そこで蒼太は、彼女に出逢った。 涙をたたえた、哀しげな横顔。 あのひとは…誰なんだろう。 これは、現代の御伽噺。 静かな雨とともに開かれる 少し不思議な物語。 (※

感想・レビュー 2

静かな雨のような物語です。

文章から雨音が聞こえてくるように思えました。 しっとりとした空気の中で開くアジサイ、ひらりと舞い飛ぶ蝶。そんな光景の中、静かに降り注ぐ雨が作品を包んでいると感じながら読みました。 浮月之伸さまの優
1件1件

※このコメントはネタバレを含みます

1件2件

この作者の作品

その他情報

公開日 2018/11/2
特集

特集 心に沁みる物語