受賞

20時ちょうどに1分間だけ降った雪

妄想コン「ぬくもり」準大賞いただきました。外に出なきゃよ、いろんなもん見逃すんだで。

32 522

9分 (5,150文字)
妄想コン「ぬくもり」準大賞いただきました。ひと時の冷たさなんて、そんなもんなんだよな。そうだろう?ばあちゃん。

あらすじ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第92回「ぬくもり」準大賞いただきました。 酒屋の息子である俺は、閉店間際に配達を頼まれた。冬の寒空の下、めんどくせーと思いながらカブを走らせると……。 ※

感想・レビュー 8

タイトルが一目見た時から気になっていました ほっこりした読後感でした。 雪が溶けていく描写が主人公の辛い時期と重なっていて良いなと感じました
暖かくて良いお話でした。1分だけふった雪もいい味だしてますね☆

※このコメントはネタバレを含みます

もっと見る

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る