永遠という名の、家族。

初音と護、二人の長男、青護が父のノートを見つけた事から始まる追記。

35 85

46分 (27,459文字)
「永遠という名の、し。」追記です。親になった青護と海音。それぞれの時代が終わる。

あらすじ

初音と護を見送り、寂しいながらも忙しく穏やかに日々を暮らしている。 そんな中、青護は父親の書いたであろう人生ノートを見つけてしまう。 父親の性格を知っている青護は見るべきか悩むが? そして青護の死後、

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/2/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る