ブルーブラックのきせき

万年筆だけが知る、繊細な心模様。あなたならわかりますか?

あかつき草子

恋愛 完結
20分 (11,822文字)
最後に、六花の心情を描きました。

41 895

あらすじ

大学生の裕希は、リサイクルショップで万年筆を買いたくなる。しかし、すんでのところで、知り合いの男、越田に買われてしまう。誰にあげるのか気になりついていくと……。 万年筆が描きだす、軌跡……そして奇跡。

感想・レビュー 4

心が温かくなる

ネタバレを含むため、追加コメントに感想を書いております。
2件

拝読しました。

六花ちゃんがの手紙が、才能溢れているのに瑞々しくて、そこらへんは作者さんの文才なのかなと思いました。 万年筆を通してみた日常というだけなのに、起承転結が美しく滑らかなので一気に読み入りました。 決して
1件4件

甘酸っぱい

相変わらず、繊細な表現力にお話しにすっと引き込まれます。 奇妙な出会いから、いつのまにか… そして、不自然な別れに愕然とする祐希くん。 帰りはどうやって帰ってきたんだろうね?と心情を思うと切なくなりま
1件2件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2019/3/14