灰被りAの行く末

私はシンデレラにはなれなかった。

2 18

10分 (5,416文字)
妄想コンテスト「○○日和」用に書きました。

あらすじ

伶奈と私が初めてこの街にやって来た日も、こんな柔らかな雨がしとしとと降り注ぐ春の夜であった。 哀れな灰被り二人は、魔法使いに出会うより早く自分たちの足で不幸な環境から逃げ出したのだ。 シンデレラにな

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

※このコメントはネタバレを含みます

その他情報

公開日 2019/3/20

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る