女の子の居た家

この話にはオチがない。 ただ私の体験を記すのみである。

ここれっと@不在

ホラー 完結
15分 (8,704文字)

14 217

あらすじ

私には、どうにも忘れられない記憶がある。 恐ろしい、というのとは少し違う。 他人が聞けば、どうということのない話なのだろう。 だが私は未だにあれが現実世界の光景とは信じ難いのだ。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

無音に呑まれる私小説

デジャヴと言うのでしょうか。 或いは似たような体験を『少女』はみなするものなのでしょうか。大人の何気ない慣用句なのか、裏に何かがあったのか、はたまた生きて来た時代にありがちな光景だったのか。 このお話
1件1件

この作者の作品

もっと見る