受賞

金曜午後六時ハチ公、命捨てるかパンプス買う散歩

『100回記念コンテスト』にてエブリスタ賞受賞|人の顔にうんざりした女子高生が自殺以上に命を否定するお遊びを実行する

なつのつな

青春 完結
14分 (7,996文字)

191 3,448

あらすじ

十七歳の少女は、友達も元カレも無価値だということを実感しつくした。 SNSで日々ふってくる鬱陶しい顔、そして世間にもうんざりしていた。 この先別世界が待っているなんて期待することもやめた。 自殺マニ

感想・レビュー 8

グッとくる

一気読み。さすが大賞作品。導入から終わりまで、勢いは失速しない。現代の疲れた女子高生の心理が手に取るように見える。大好きな渋谷なので、その情景がよく見えた。
2件2件

*****

渋谷の人々が自分が出会った人々 という感じでしたね。 文章が下手ですみません。
1件2件

主人公と一緒に渋谷の街を歩いている様な、感覚に陥る。

 素晴らしい、情景と心理描写。  特に冒頭の文章は流麗で、そのまま歌詞できてしまいそう。  語感が良いと言うか、文章のリズムがいいと言うか。思わず次の頁も読みたいと思わせる文章力には、感嘆します。
2件2件
もっと見る

この作者の作品