姫君香澄

女子高生、大男に拾われる。

戦 雪(そよぎ そそぎ)

恋愛 完結
2時間1分 (72,423文字)

58 2,101

あらすじ

とある作家が、その命尽きるまで慈しみ育て上げた孫娘。 それは可憐な姫君だった。まるで、時代小説からそのまま飛び出してきたかのような。 息苦しい世界をさまよい続けた少女は、ようやく心地よい居場所を見つけ

感想・レビュー 4

少し切なくてすごく愛おしい、二人が運命の出会いを果たすまで

こんにちは。作者さまの大ファンです。 本作も他の作品同様にとても魅力に溢れた作品でしたので、僭越ながらレビューを書かせていただきます。 時代劇から飛び出してきたような古風な口調で話す美少女、香澄。彼
1件1件

これは人と人との物語

読了しましたので感想を失礼いたします。 美しく可愛らしい表紙のこちらの作品ですが、その印象を裏切らない細やかな描写で物語が進んでいきます。それでいながら読み手のなかにスムーズに入っていく形の馴染みや
ネタバレあり
2件1件

ユーモアと愛に溢れた物語

現代が舞台かと思いきや、「あれ?タイムスリップ?」というような、 香澄さんの言動&挙動(笑) もしかしたら、学校でも孤独だったかもしれない香澄さん。 お祖父さんが他界となった後、 特別に可愛がられてい
ネタバレあり
2件3件
もっと見る