いとしずく

この糸滴は、慈悲か、それとも、それとも――。

美木 いち佳

11分 (6,567文字)
妄想コンテスト「傘」に参加させていただきました。

21 438

あらすじ

雨に射たれて、罪と罰。 天と私の間に差し込む、真っ赤な傘。 成長することを赦された、これは人の物語。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る