そうちゃんの雨

ばあちゃんはもう、ぼくのことがわからないんだ

6 114

3分 (1,527文字)
童話の公募に応募した作品です

あらすじ

ぼくのばあちゃんが、黄色い傘をさして歩いてる。 外は晴れているのに。 ばあちゃんはもう、ぼくのことがわからないんだ。 童話の公募に応募した作品です。 見事に落選しましたが。 個人的には気に入ってる

シチュエーション

タグは登録されていません

その他のキーワード

感想・レビュー 1

読ませて頂きました。

優しい話だなと思いました。

その他情報

公開日 2019/6/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る