Last Vision 未来に花束を

未来の何処かで自分が死ぬ時に見る光景を過去の時点で見ることができるようになったとき、人はなにをするのだろうか

3 212

SF 完結
58分 (34328文字)

あらすじ

Last Vision Receiver。 通称LVRとよばれるこの装置は未来を覗くことのできる機械だった。しかしこの装置で見ることができるのは自分自身が死ぬ直前に見た光景だけだった。 津田一郎は総合

タグ

感想・レビュー 1

虚実入り混じったリアリティがあります。

人生の最後の光景を見ることができるLVR。魂の重さ実験を交えた理屈には、虚実入り混じったリアリティがあります。また視覚情報なので、シチュエーションによっては見えないというロジックも理解できます。実際に

その他情報

公開日 2019/7/2

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る