ひとつ、ふたつ、みっつ。

「…じゃあ、白状します」

44 320

恋愛 完結
14分 (7,939文字)
妄想コンテスト「あなたを嫌いな理由」に参加させていただきました。

あらすじ

仕事の鬼と言われる私、ちょっと距離感のおかしな彼。 長い長い一日の終わり。 二人、オフィスの隅っこで――

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

ストーリーテリングが秀逸でした

キャラの台詞が生き生きしています。短く刈り込まれているけれど、必要な情報は伝わっている。フィクション世界の説明的な会話ではなく、現実の生活の中で交わされる会話を想起させるリアリティがありました。お昼の

その他情報

公開日 2019/7/4

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る