トイレットルーム・ベイビーズ

「幸せのトイレット・ルーム」で産まれると、幸せになるんだってさ。

8 39

青春 完結 過激表現
13分 (7,579文字)

あらすじ

菜摘は、高校二年生。 母親から、自分が山の中にある公衆トイレ、通称「幸せのトイレット・ルーム」で出産されたのだと何度も聞かされて育った。 菜摘に好意を寄せる元同級生のマチ、今の彼氏であるキョウヤ。 い

この作品に含まれるキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

人と人の心のヒダを伝える技法が上手いと感じました

「幸せのトイレットルーム」で生まれた菜摘。「足元をさらう波を見ないふりして歩くような、そんな居心地の悪い中学時代」というのは胸に刺さる表現です。「だからという言い方はよくなかった」も彼女の細かい気遣い

間違いなく良作です。

「幸せのトイレットルーム」という都市伝説から始まる今作は、常に主人公の焦燥感を覚える作品でした。先輩との夜のシーンなどは、読んでいて苦しくなりますが、ページをめくる手が止まりませんでした。 十代ならで

その他情報

公開日 2019/7/6

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る