鈍い残光

嫌う程に動いた。

テンタン

SF 完結
5分 (2,533文字)
近未来を考えた作品です。

23 3,145

あらすじ

俺には嫌いな奴がいた。 だが、同時に感謝をしている。 何故ならーー。

感想・レビュー 1

男性だから感じること

未来の作品としてなら、悲しい出来事になりそうだけど、男性目線だと戦争とかは身近に感じることなのかなと思いました。争いのない世の中だけど、見えてない国では戦争が起きている。見えてないことを教えてくれる、
4件

この作者の作品

もっと見る