金色の雨は鎮魂歌を歌う。灰色の雪は音色に溶ける。

親の放任が原因で死んでしまった妹の影を追いながら、主人公が復讐を決意する物語。悲しみも怒りも読んだ後に忘れられる小説です

32 224

2時間47分 (100,109文字)
大きな悲しみを抱えている方、主人公と一緒にそれを乗り越えてくれたら、嬉しいです。百スター突破。応援ありがとうございます。

あらすじ

親の放任とタミフルの副作用で死んだ妹、須藤光の影を追いながら、主人公、須藤和馬は復讐の決意をする。 そんな和馬の前に破天荒で太陽のように明るいクラスメイト、金峰雨子が現れて、和馬の復讐は思わ

シリーズタグ

感想・レビュー 1

優しいストーリーです

妹を亡くした兄が、再生するまでの心にぐっと来るストーリーです。 金峰さんが、明るい、どこにでもいそうな女の子ですが、その明るさに引き込まれます 人が人と出会う 大事な事であり、その過程を優しく描い

その他情報

公開日 2019/7/31

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る