琥珀のボトルを運ぶだけ

国籍不明機に接近される、羽田行きのアメリカン航空機。そこに乗り合わせた女性の物語。

25 383

SF 完結
1時間2分 (36,823文字)
Yamato McCoyさまとのコラボ作品。御陵初の試みですが、どうなることか……

あらすじ

ミネアポリス・セントポール国際空港発、羽田空港行きのアメリカン航空機。 ある理由から、大金と引き換えに『運び屋』を請け負った若い女性が搭乗したその旅客機に、国籍不明の戦闘機が接近してくるが……。 ※

目次 2エピソード

感想・レビュー 3

ヒロイン、どうしてこんな仕事を?

《*以下ネタバレ*》 *** 最初はヒロイン、極悪人の女か、騙されるのかなって思ったんです。 それでも、報酬が高すぎて変だなって思いました。 ラマの胚がそこまで重要なモノと分かれば、全てのナゾが解

緊迫感を楽しめました。

正体不明のウィスキーボトルを託されて、それを配達するまでの緊迫した様子。 最終的に作者様テイストの物語に仕上げられたのは、流石の一言でございました。 後書きでの紹介もいただきましたが、本来こちらの

ウィスキー欲しくなる…

コラボ作品、二作同時に読むとハラハラが二倍です そして、終始思うのが、どちらも酒を片手に読みたくなる。特にウィスキー 主人公がクールビューティなんですが、滲み出る優しさに引き込まれます。 一人称視点

その他情報

公開日 2019/8/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る