私の吐いた嘘と嘘

赦されるなら愛していると言いたい

きざしよしと

1時間28分 (52,564文字)
10/15 20:00完結予定です。

39 632

あらすじ

時は1922年、大正時代。 帝都に住む鬼塚知成(おにづかともなり)は文通相手である五百蔵なつめ(いおろいなつめ)の婚約を知り、慌てて郊外にある山村”雪が沼”を訪れる。 そこで出会った彼女の兄、イブキか

シリーズタグ

感想・レビュー 1

都会の探偵、田舎の旧家、心躍る設定

イベントから拝見いたしました(2019/9/1)。 16ページまで読んだうえでの感想となります。 昭和期の本格ミステリのような作りが心地よく、雪吹の立場や知成の 様子がいかにもそれらしくて期待感が持
1件1件

この作者の作品

もっと見る