受賞

檸檬喫茶のあやかし処方箋(レシピ)

丸井とまと

2時間15分 (80,432文字)

716 1,788

あらすじ

祖母の経営している檸檬喫茶。 そこのお客様は、あやかしたち。 人に触れるとあやかしを視せてしまう力を持つ少女の、人とあやかしとの交流の物語。 ボーイミーツガール大賞を受賞いたしました。 一二三文

感想・レビュー 6

文庫版、買いました!

お久しぶりです、小鈴です。 先週末に文庫版の檸檬喫茶を買って、読みました。 7月のお話も素敵だったんですけど、個人的に1番印象に残ったのは、最後に収録されてた、千夏視点の番外編です。 本編読んでて、「
ネタバレあり
1件

届きました!!٩(*´꒳`*)۶°˖✧

初っ端の出だしから違いました! なんだか描写がさらに細やかになってますね。 これは本当に楽しみでなりません!!!じっくり味わって読みます★ そしてみんなにぜひ!読んで欲しいです。 (まだ初っ端しか読ん
1件

書籍

まだ登録して日が浅いので、使い方等がよくわかってません。 それで感想ではないのですが、こちらから失礼します。 書籍をwebにて購入しました。 【書籍には「七月の風花」と番外編の「檸檬色に思い初める」
1件
もっと見る

この作者の作品