ぎゅっとしたら、いただきます

優しくされる事に不慣れで、怖がりなその人を愛しいと思うには時間はかからなかった。好きだと自覚するのはとてもたやすかった。

2,141 1.1万

BL 連載中 過激表現
3時間11分 (114042文字)

あらすじ

祖母の営んでいたおにぎり屋を継いで二年目。 ある日、店先で、少し冷たい秋の雨の中、サンダルに素足、薄い長袖Tシャツの野良猫のような人が雨宿りをしていた。 あまりにも寒そうだから、中へと招いて長靴と傘

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/10/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る