受賞

僕は惑星に還る

こんな遠くまで、共に生きてくれて。

井川林檎

SF 完結
6分 (3,020文字)

71 852

あらすじ

「僕」には、生まれつきの才能があった。風のにおいや生き物の気配から、天候から天変地異に至るまで正確に当てることができた。 だが、そのたぐいまれな才能は、恋をした瞬間から失われてしまう。 やがて大きな災

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 4

より遠くへ旅立つ物語

 神の子であるイエス・キリストが(人々のために)十字架にはりつけになったように、『僕』は愛する人とわが子のために、惑星のみなもとへかえる。  けれどこの手紙には、『僕』の能力をあてにする人々に対する怒
2件1件

尊い愛の手紙

★盛大にネタバレしています。未読の方はどうぞご注意ください★ ノ○ルアッププラスの「ぽち」ですm(__)m。エブリスタでは初めて感想を送らせていただきます。 とても情熱的な物語だと思いました。
2件2件

切ない物語 ネタバレ感想です

初めて〇を知った彼の払った代償はあまりにも大きかったのですね… 切ないです。 全世界のために使った〇を愛する人だけのために使うのはそれほど罪なのか…… 人間の醜さに怒りを覚えながらも自分も多分同じだ
2件2件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る