陽炎《かげろう》

もう一度、あの人に逢いたい。

彩音りん

8分 (4,440文字)

49 1,386

あらすじ

福岡在住の明石賢人《あかしけんと》は旅先の京都の渡月橋《とげつきょう》で、一人の女性と出逢う。 三井京香《みついきょうか》は、京都在住で二年前に恋人を亡くしていた。 初対面にも拘わらず彼女に恋をして

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

京都の片隅より記す

京都の街を舞台に、麗しくも優しい作品を描いていただき、ありがとうございます。 京の香、を冠する女性が、春の桜を表していただいているのかなと、秘かに思ってみたりします。 京都は今、すっかり秋模様。 枯
1件

果たされた約束

一目惚れから奇跡の進展。意中の人と三日間を共に過ごせた感激は、その後諦めずに七年もずっと同じ場所に通った事も、一途な彼にとってはごく自然な流れなのかも知れません。拝読中つい彼の心中と重ねてしまったので
1件