消 滅 言 辞 -ショウメツゲンジ-

ひとつ消え、ふたつ消えて、やがてすべてが滅する……のか?

14 118

13分 (7,474文字)

あらすじ

現代ファンタジーにぶっ込みましたが、うーん、「ファンタジー」というか、「日常に起きたちょっと不思議な出来事」という感じのお話です。 30/Nov/2019- 01/Dec/2019

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

ありがとう(^^♪

ごめんなさい。 これは人として大事ですよねぇ(^^♪ 言わなきゃ、今なのに… 時を逃すと言いにくくなる言葉でもありますねww (正に今の自分なのですが。。) 小さいお子達は純粋に受け入れられるのも大

※この感想はネタバレを含みます※

始まりの1ページ目を読んだときは、何がおかしいのかわからず、2ページ目を読んだときには、適切な言葉があるはずなのに出てこないの、あるあるー! と共感し、3ページ目を、このお話はどんな展開になるのだろう

大切な言の葉たち

当たり前に存在してくれている者たちに、または日常の何気ない一コマに、霊のこもっている「言葉」を使う人は少ないでしょう。 でも、必ず言わなければならない「言葉」が人の中から消えてしまったら…? 人と人

その他情報

公開日 2019/12/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る