常しえの中でこそ

永久の中で、その意味を問う。

1 34

19分 (11,214文字)
復帰作です。

あらすじ

「前世」とは。「生まれ変わり」とは。 身近なようで、果てしなく遠く感じる、この言葉。 だからこそ、人々はそれに幻想を抱くのかもしれない。 ならばもし、本当にそれらがあったとしたら―― 永久に繰

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品