帰蝶 ~信長の寵妃~

織田信長の正室・帰蝶(きちょう/濃姫)の物語。帰蝶と信長の小説

相良 優

歴史・時代 連載中
6時間47分 (244,047文字)
信長に愛された正室・帰蝶の生涯を、史実とフィクションを織り混ぜて描いています

695 1.1万

あらすじ

「美濃のまむし」と称される稲葉山城主・斎藤利政(後の道三)の娘・帰蝶(濃姫)は、敵対していた尾張との同盟の証として織田信秀の嫡男・信長の正室として嫁ぐことになる。「うつけ者」と名高い信長を、事があれば

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

この作品を含む作品リスト 0件

その他情報

公開日 2020/2/25