特集

濃 姫 ~うつけに嫁した女~

織田信長の正室・濃姫(帰蝶/きちょう)の物語

相良 遊

歴史・時代 連載中
28時間44分 (1,034,306文字)
濃姫の生涯を史実のみならずオリジナルストーリーを含めて執筆しています。

3,072 3.7万

あらすじ

天文十七年、美濃国稲葉山城主・斎藤道三の娘・帰蝶(きちょう)のもとに、尾張の織田信秀の嫡男・信長との縁談話が舞い込む。『 尾張の大うつけ 』と嘲けられる信長への嫁入りに帰蝶の母・小見の方や、侍女の三保

感想・レビュー 38

もう!!!

相良さん!更新お疲れ様です! もう...ね...ここ数日のこの幸せな気持ちはなんなんでしょう!そして城内の様子がまざまざと頭の中に浮かび上がってくる、状況表現の素晴らしさ... 前回の感想と同じこと
1件1件

今日の更新はズルい!!!

相良さん!今日の更新はズルいです!!! もう…朝から泣きましたーーー(T-T) こんな時期にこんな展開…涙腺決壊です! 悲劇の中にも温かさのある、相良さんらしいストーリーに脱帽です!!!
1件1件

さすが!!!

本能寺の変で終わりかと思っていたら…さすが相良さん!まさかこうなるとは予測できませんでした。重大な秘密を持ちつつ、織田家の女性達がこれからどうやって生き抜くのか…物凄く気になります。 このような閉塞的
1件3件
もっと見る

この作者の作品