ひとりむすめ

家族など身近な人との人間関係に悩んだり、疲れたりしている方へ。

山下真響

ヒューマンドラマ 完結 過激表現
2時間14分 (79,987文字)
生き方や考え方の自由を模索する余地は、まだ残されていると思うのです。

37 871

あらすじ

高校三年生になった千代子にはパートナーがいます。声が小さすぎる『夫』との共同生活をする中で、ある特殊な力を手に入れました。池に棲む鯉が大海に出るまでのお話。

感想・レビュー 3

生々しい密度と極度の内向性で綴られた、異彩を放つ一冊

 あくまで現時点において、と最初に断りを置きつつ……  著者の豊富な作品群の中で「最も心を刺してくる作品は?」と問われれば、私は間違いなくこの「ひとりむすめ」を挙げる。  再生の物語だとか、自己解
1件3件

縛られた自分、それをとき解くのは……。

「ひとりむすめ」というタイトルに読んだ後では、様々な思いを投影しています。 読み始めは主人公を優等生で控えめで我慢しがちな娘だと感じていましたが、頑なともいえる意志の強さに頑固なのかなとさえ思いました
ネタバレあり
1件1件

面白もどかしい、そんな妻の話

思い通りにいかなくて苛立つ夫。 思い通りにいかせずほくそ笑む妻。 もどかしいすれ違いに、読む方ももどかしくなる作品を楽しませて頂いてます。 男の視点だと、自分の妻がこうなっていくのは…。となります
1件1件

この作者の作品

もっと見る