犬も走れば

二匹の犬と親子の物語り

桜井清志

10分 (5,436文字)
犬の2歳は人間の20歳前後らしいです。

19 1,084

あらすじ

 捨て犬だったコタローとサスケは、夕暮れに御主人様の大切な物を咥えて走り出した。走らなければ何も起きない、走るからこそ様々な事が降り掛かる。 二匹が辿り着いた先に待ち受ける運命とは。

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

感謝

そうなんです。 きっと犬も猫もわたし達人間が考えてるより、ずっとご主人様のことを思ってる。 どうやったら、喜んでくれるのか。 どうしたら、涙を止めてくれるのか。 人間は勝手な生き物ですよね。 犬
1件1件

愛のある作品です

親子のあるべき姿、愛情や思いが伝わってくる作品でした。 犬の視点にすることで、親に見捨てられた子という、現実にある切ない話がそれほど辛いものにならない作品に仕上げられており、素晴らしいと感じました。特
ネタバレあり
1件1件

この作者の作品

もっと見る