受賞

夕映えの柿

落ちて潰れた柿の匂いが漂っている。いくつも実る柿の実は、今はもう亡い祖母の顔をしていた。

待井小雨

ホラー 完結
10分 (5,432文字)

18 249

あらすじ

あらすじはありません

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

こんなにも緻密で、ドラマチックな。

乱立する柿の木を眺めながら、散歩なぞしていると、地面に潰れて滲む夕焼け色に、ドキリとする時がある。 腐敗し始めている実を見ると、どこか不安定な気持ちになる……。   恥ずかしながら私の雑感では、この程
2件1件

この作者の作品

もっと見る