いつかの昨日、いつかの明日──タイムマシンと幽霊

 悪循環のタイムループと虐待する母親の亡霊から、彼女を救出すると少年がひそかに心に誓ったあの日、運命の歯車は動きだした。

小池正浩

14分 (8,000文字)
われわれの意識は時空をわりあい簡単に、自由自在に移動することができるんです。タイムマシンと幽霊──じつは関係ある、かも。

3 210

あらすじ

photograph 抱擁と拒絶 撮影 河野洋平 題名 小池正浩

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2020/11/29