建仁邦通怪奇譚 ~頼朝の祐筆、怪異を嗜む~

吾妻鏡の行間を読め! 頼朝の祐筆・藤原邦通が静御前の謎に挑む、吾妻鏡ファンタジー

戸川桜良

歴史・時代 連載中
2時間18分 (82,635文字)
平日17:45、日曜日は20:46、ほぼ毎日更新予定です。

117 4,419

あらすじ

建仁二年、九月。 源頼朝の死から三年経った鎌倉、甘縄の地に住まう藤原邦通は、かつては頼朝の祐筆を務めていたものの、いまは隠居し、易だの陰陽道だの怪しげな趣味にふける毎日を送っていた。 そんな中、旧友の

シリーズタグ

感想・レビュー 8

丁寧な文章です!!

イベント主催者のアイネと言います 時代物の小説を読むのはこれが初めてですが、とにかく文章力の高さに驚きました! 丁寧に描かれており、読み手の想像を掻き立てるような文章ですね! 私も参考にしたいほどです
1件1件

世界観に引き込まれます!

その時代にあった表現の仕方をしているので、本当に鎌倉時代の雰囲気が強く伝わりました! 歴史の知識がほぼ無くても楽しめる内容になっていて、無知な私でもスラスラ読めました!! 展開も予想が出来なくてとても
1件2件

めまぐるしく歴史が動く中で

10ページまで読みましたので感想を失礼しますm(__)m あの頃の情勢を活かした展開、また、あの頃だからこそ果たされた密会。 自分たちの行いに後ろめたさがあり、目に見えないものに怯えることもあるでし
1件3件
もっと見る

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0