まぼろしは八月

触れられなかった、だけど触れたかった

依田文子

36分 (21,335文字)

13 197

あらすじ

仕事から家に帰ると、見知らぬ若い男がいた。 咄嗟に叫んだり通報したりしなかったのは、私がいわゆる視える人で、彼の体が半透明で、ふわふわと宙に浮いているからだった。 これはある夏に起きた、彼と私の不思

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品