猫の神様と巫女の私──小さな里の小さな神社の物語──

猫の神様はアルバイトの巫女さんを募集中──田舎暮らしをして生贄になるだけのカンタンなお仕事です──

春くる与

3時間6分 (111,228文字)

491 2,775

あらすじ

生まれた時に『この子は偉い神様の加護をいただく』と予言された私、塚森 里(つかもり さと)。 だけど就職に失敗し、住んでいた家を火事で焼け出され。 神様の加護なんてものとは程遠い、右肩下がりの人生の

感想・レビュー 2

癒やされました

短編でよいのでシリーズ化を切にに願いますm(_ _)m
1件1件

後日談を切実に希望です。

神様ネタ大好きなので読んでみたところ、すぐに引き込まれました。 田舎での穏やかで優しい暮らしを見るのもほのぼのして癒されます。 読み終わってしまって、もっとこの世界に浸りたい、そして2人のその後も見た
1件1件

この作者の作品