眩暈門

新開シリーズ、長編第十弾。

新開水留

ホラー 完結
5時間24分 (193,976文字)
よろしくお願いします。

395 4,368

あらすじ

冬の日の午後、私はある少年と出会った。 少年は怯えていた。 ひとりきりで耐えていた。 噓を嫌うような目で私を見上げ、少年は問う。 「僕は死んだ方がいいの?」 私は少年と同じ高さに視線を下げ、真っすぐに

シリーズタグ

感想・レビュー 2

シリーズで読んできました

新開、幻子が大人になり、読者と同じように歳を重ねることが、なんだかとても感慨深いです。 まるで成長を見ている親心のよう。笑
1件1件

深いところをぐわーっ!

どの作品も人の心の深くにある、キレイであったり暗かったりする部分をぐわっと掴んで目の前に晒されてこれが人の本質だ。 と突き付けられた気持ちになります。 強烈な悪意や恨みの描写があるのに不快にならない
2件3件