狂骨紅籠 ~陰陽師鷹一郎 02

明治時代の陰陽師の短編連作。その髑髏はどこから来て、どこにいくのか。牡丹灯籠のインスパイア感。

Tempp:わりと低空飛行

ホラー 完結
44分 (26,273文字)
牡丹灯籠いんすぱいあー。

23 266

あらすじ

【注】この本はフィクションであり、実在の人物や団体とは全く関係ありません。 -あらすじ 明治16年夏。 山菱哲佐(やまびしてっさ)は今日も博打に負けて知人に集って酒を飲んでいた。その知り合いが言うに

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0