新宿のうみ

風の匂いで思い出すなにか、あなたにはありますか?

ひの 朱寝 ( しゅね )

青春 完結
57分 (33,995文字)
この作品は本をイメージしてあえて1ページの文量を多くしてあります。

29 571

あらすじ

 十年前のあの日。ふたりで死のうと決めた伊世(いよ)と楠太朗(なんたろう)はこの世界に未練を残さないように様々な「最後」をしながら東京を巡った。そんな中、もっと楠太朗のことを知りたいと願い、死に対して

感想・レビュー 3

切なくとも、美しいストーリー

 全体を通して、それこそ春の風のごとく、落ち着かないようなぬるい空気が漂っていたように感じます。  2人にとっての最適解はなんなのか。  一読者としては、2人で幸せに暮らしてくれればいいのに、と思わず
ネタバレあり
2件

海月のような彼女のお話

拝読いたしました。 シリアス系宣伝で感想いただけたらとのことだったので、こちらにて感想をお書きしようと思います🙇🏻‍♀️ 何か特別悪いことがあったわけでもなく、誰が特別悪いわけでもなく。 ただ日
ネタバレあり
2件

三途の川があるとするならばこの小説の中にある。

解説 「死にたい」と思ったことのある人はいったいどれほど日本にいるのだろう。思わずここから消えて無くなりたいと思う衝動に駆られるような経験は多くの人に覚えがあるだろう。 命を精一杯燃やし、力強
ネタバレあり
1件